その他

“セルフメディケーション”を日々の生活に

「セルフメディケーション」という言葉、聞いたことありますか?

セルフメディケーションとは、WHO(世界保健機関)の定義では、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とされています。

ちょっと喉がイガイガする…。そんな時、消化に良い食事をとって早めに寝たり、市販薬を飲んだり。

知らず知らずのうちに、そんな風にセルフメディケーションを実践している方もいれば、毎日忙しく過ごしているうちに、身体の不調がたまっている方もいらっしゃるかと思います。

では、セルフメディケーションとは、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

1.生活習慣に気をつける

 十分な睡眠や適度な運動、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活を心がけ、体力や病気に対する抵抗力をつけましょう。

2.健康状態のチェック

 自分の身体の状態を知るために、定期的に健康診断を受けましょう。結果を把握し、気になることがあれば、医師や薬剤師などに相談しましょう。

3.病気や薬の正しい知識をもつ

 病気の症状に対処したり、予防のためには、病気や薬についての正しい知識をもつことが必要です。

 インターネットサイトでの情報は手軽ですが、必ずしも正しくない場合もあるので、医師や薬剤師などに相談するのも良いでしょう。

4.市販薬やサプリメントをうまく使う

 風邪気味の時や一時的な胃腸の不調など、軽い症状であれば、市販薬を利用することで回復する場合も多いです。薬局で、薬剤師や登録販売者のアドバイスを受けると、より症状に合ったものを選べるでしょう。

 また、市販薬などを使用した場合は、お薬手帳に記録しておくと、今後治療を受ける際に役立ちますよ。

※こんな時は病院を受診!

  • 重い症状がある時(高熱、激しい痛み、出血、呼吸困難など)
  • 軽い症状でも長い間続いていたり、だんだん悪くなる時
  • 一度良くなっても繰り返し起こる時
  • 初めて経験する症状の時
  • 市販薬を使用しても改善しない時

セルフメディケーションを実践することで、より主体的に自分の健康に向き合うようになり、生活習慣病の予防や日々の健康につながります。

つむぎ薬局では、OTC医薬品、漢方薬、健康食品も取り扱っております。

健康に関することや常備薬のこと、飲んでいるお薬のこと、家族の健康について…どんなことでも構いません。

お気軽にお話しくださいね^ ^

藤村 綾子

藤村 綾子

薬剤師

コメント

この記事へのコメントはありません。